キッチンカウンターDIYの記録(2015年)と天板は注意がいるよ

DIY

こんにちは、ぐみです。

今日はDIY初期につくったキッチンカウンターの紹介です。

キッチンカウンター DIY 賃貸

正面から見た図です。

左半分は壁で隠れています。

 

キッチンカウンターDIYはもう6年も前、2015年でした(遠い目)

今のところ壊れることもなく使えています。

 

ここに引っ越してきた時には

家具が何もなくて

木製の棚にレンジ、炊飯器といった感じでした

この木製の棚は今は脱衣所にあります~

 

キッチンカウンターをDIY

キッチンカウンター DIY 賃貸

完成直後は板壁でした。

 

まずはサイズを決めました。

 

天板サイズ長さ120cm、奥行き45cm、

天板までの高さ85cm

で作っています。

 

のすけさんが120cm×45cmの合板をもらってきてたので

天板はそのサイズにあわせました

誰がなぜくれたのかは謎です。笑

 

それと、

レンジと炊飯器とオーブントースターを

置けるようにしたかったから、

それらのサイズも考慮しました。

カウンター完成から少し経ったころの

生活感あふれる写真です。笑

今はもっとスッキリしているので汚名返上、今度紹介させてください。

 

 

すみません、

写真がほぼなくていきなり枠組み完成です・・・

ホームセンターのカットサービスを利用したので

長さの算出が大事でした。

ホームセンターで木材を選んで、

木材の厚さがこうだから、

ここは何ミリで、こっちは何ミリで・・・って

ホームセンターでスマホの電卓使って格闘してました

紙とペンは必須持参品です。笑

 

帰ってからは組むだけなので

サイズさえあっていればわりとすぐ完成が見えてきます

 

初期のカウンターは正面に板壁をつけてます

天板を仮置きした状態です。

うっすら見える白っぽいのがのすけさんがもらってきた合板。

その上にSPF材、1×6を3枚と1×2を1枚おいています。

これらはぴったり45cmではないですが

全部合わせて45.8cm、

少し合板からはみ出してもSPF材が

天板のほうが見た目が好みだったので合板の上に

SPF材を置きました。

 

天板の周りを

1×2と板壁につかって余っていた木材で囲って

完成となりました

 

天板の注意点

キッチンカウンター DIY 天板

ここからは天板の注意点です!

 

この時なぜか天板のSPF材を

強力両面テープで止めました。笑

 

この方法はおすすめしません!

絶対やめたほうがいいです!!

 

キッチンカウンターという特性上、

粉モノや調味料などの液体を使うとおもうんですが、

SPF同士の隙間に

それらがこぼれてしまって

ただただ絶望するということが起こってしまうからです(実体験)

 

それと、

木は生きているのでだんだん反ってきます。

 

裏からしっかりとめてやれば

反りを防ぐ効果もあったかもしれません。

 

この時はたぶん、

SPF材にビス穴を空けるのがもったいなく感じた

とか、

そんな理由だったと思います・・・

 

1×4が安いので

比べてそれ以外の規格では割高に感じてしまいますね・・・

 

でも両面テープはやめたほうがいいです。笑

 

その後、

といってもわりと最近の2021年3月頃に

SPF材同士をボンドでくっつけて

隙間ができないように改良しました。

 

板壁もタイルの壁紙を貼って

今の好みに合わせて変えました!

 

**ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!**
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 インテリアブログ 賃貸インテリアへ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました