プラダンでゴミ箱を簡単DIY「とりあえず」におすすめ

DIY

こんにちは、ぐみです。

今日はゴミ箱のことを。

3つあるゴミ箱のうち

可燃ごみはニトリのペダル式。

残り2つのプラ用と缶ビン用の2つはプラダンでDIYしてます!

 

ゴミ箱って意外と高いし、

まだ置き場所も確定されてないし、

欲しいサイズも決まってなかったので、

とりあえずな感じでプラダンで作っていました。

 

でもこれが使いやすくてもう何年か使っています

「とりあえず」のゴミ箱にプラダンはおすすめ

「とりあえず」のゴミ箱にプラダンはおすすめです。

その理由は

・好きなサイズ、容量で作成できる

・安価なので費用面の負担が減る

・水ぶきもできるので段ボールより衛生的

・リメイクシートなどでアレンジできる

 

逆に言えば

サイズの幅が多きすぎてどのサイズにしたらいいのか迷いすぎるのがデメリットかと。

あとは、強度も既製品には勝てませんが。

 

我が家のゴミ箱のサイズは

30×30×46㎝

見た目以上の大容量で約41リットルあります。

45リットルのゴミ袋でちょうどいいです!

 

プラダンゴミ箱の作り方

それでは作り方を。

作りたいサイズにプラダンをカットして、

角をテープでとめる。

完成。笑

たったこれだけです。

角が尖って痛かったのでマスキングテープで保護しましたが、

黒しかなくて目立ってます。笑

 

枠だけのゴミ箱に意外なメリットが!

あ。でも我が家のプラダンゴミ箱に底はついてなくて枠だけです。

底をつけるのがめんどくさかったのもあるけど、

どうせ見えないし

底をつけるともし万が一

ゴミ袋が破けてて液体などがこぼれたときに

既製品に比べて掃除するのが大変だと思ったのでつけませんでした。

防水性も丈夫さも既製品には劣ります。

床ならサッと拭けますしねー

 

でも底がないメリットもありました!

それは、ゴミが重たいときに枠を抜いてしまえるということ。

 

どういうことかと言いますと、

ゴミ箱からゴミ袋をとる時って、

ゴミ袋をゴミ箱から引っ張り上げますよね?

で、ゴミ袋が重いとこれが大変。

でも、

底なしゴミ箱だと

ゴミ袋を持ち上げるのではなく

枠を持ち上げてゴミ箱からゴミ袋を取り出すことができるんです

 

以前は段ボールにリメイクシートを貼ってゴミ袋をかけていました。

これはこれで良かったけど

今は衛生面からも絶対プラダン推し!

 

安いし掃除しやすいし

リメイクシート貼っておしゃれにもなるし

とりあえずのゴミ箱はプラダンがおすすめです!!

 

**ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!**
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 インテリアブログ 賃貸インテリアへ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました